2018-1-10 笑える

【お笑い】陣内智則  盗聴


一人漫才は、この時代ならではだね。

テープを利用して、他人とやり取りしている現場を演出できるんだからな。

落語の複数の人を演じる芸を、現代のテープレコーダーのハイテク技術に置き換えているんやろな。

これは、聞いてる人がどう感じるかにかかっていることだろう。

面白くて、笑えるなら、芸がどうのこうのという必要はないもんな。

時代の流れでどうなるか、聞く人の感性が試されている動画ですよ。

コメントは受け付けていません。